【イベント】CTOとVPoEが語る、採用とオンボーディングで失敗しないためのベストプラクティス

この記事をシェアする

開催日時:2024年2月27日(火)12:00〜13:00

イベントについて

人材獲得競争の激化が続いている、エンジニア採用市場。
優秀な人材を確保し続けていくためには、「いかにエンジニアから就職先として選ばれる企業になるか」に加えて、「入社後に活躍・定着してもらうためのオンボーディング」も重要です。

今回のセミナーでは、LAPRAS株式会社と株式会社ヘンリーの現役CTO・VPoEが登壇し、「中途エンジニア採用のアンチパターン」と「入社後のオンボーディング」のテーマに焦点を当て、成功事例と失敗から学ぶベストプラクティスについてお話します。これまで経験してきた組織からの学び、現職における具体的な事例も交えて、参加者からの質問にも答えながら、パネルディスカッション形式で進めて参ります。

「エンジニア採用を強化したい」「自社をより面白く見せるためにどうしたらよいか」「採用KPIをどう考えるか」「オンボーディングをより良くするためにどうしたらよいか」等のテーマにご興味をお持ちの方に、おすすめの内容です。

採用とオンボーディングのプロセスを向上させることで、最高のエンジニアチームを築くためのヒントとなれば幸いです。

ぜひお気軽にご参加ください!

概要

開催日時:
2024年2月27日(火)12:00〜13:00

こんな課題感をお持ちの方にオススメ:
・開発組織の人事・採用担当者、責任者
・CTO・ VPoE ・エンジニアリングマネージャー
・エンジニアチームのオンボーディングに携わるメンバー

※参加者への営業行為は原則として禁止いたします。
※採用に関わる方のご参加を原則としております。
※競合に該当するサービスを展開されている企業様におかれましては、ご参加をお断りする場合がございます。予めご了承ください。

場所:
オンライン/Zoom

当日の参加方法

  • 当日お時間になりましたら、お申込者のみにメールでご案内しているZoom URLへアクセスください。
  • Zoomの利用は無料です。事前にZoomクライアントのインストールが必要です。

登壇者紹介

株式会社ヘンリー
VP of Engineering / 松木 雅幸 (Songmu)

Webアプリケーションのコード開発だけでなく、クラウド・インフラ技術に精通したソフトウェアエンジニアであり、ISUCONに過去3度優勝するなど、インフラを意識して信頼性の高いWebアプリケーションコードを高速に書くことを得意とする。
プロダクトマネージャーやCTO経験から、事業においてアジャイルに顧客に価値を届けることにもこだわりを持ち、フルサイクル志向でプロダクトチームを運営することを由とする。OSS活動も活発におこなっており、GoやPerlを中心に200個以上のツールやモジュールをGitHub上に公開している。それも含め、Blog 等での発信力にも大きな強みを持つ。著書に「みんなのGo言語」(共著) 等。

LAPRAS株式会社
執行役員 CTO / 興梠 敬典

豊田高専を卒業後、ソフトウェアエンジニアとして多様な開発案件に従事。複数の新規事業立ち上げに関わり、ビジネス/ソフトウェア双方の設計と構築を経験。 2015年より株式会社Nextremer高知AIラボの代表として、事業や組織の立ち上げを主導。地域コミュニティや行政とも協力関係を構築し、地方でも先端技術に触れられる場作りにも貢献。掲げるミッションと価値観に共感し、2019年8月にLAPRASに入社。2020年10月、執行役員CTOに就任。

LAPRAS株式会社について

「すべての人に最善の選択肢をマッチングする」というミッションのもと、AI技術やクロール技術などテクノロジーを用いて既存のマッチングモデルを変革するマッチングテック・カンパニーです。個人に対して最善の選択肢をマッチングする採用関連サービスとして、エンジニア向けキャリアマッチングプラットフォーム「LAPRAS」、企業向けエンジニア採用サービス「LAPRAS SCOUT」などを提供しています。

申し込みフォーム