4,500件のスカウトメールから分析した、返信率が高い曜日と時間

現在、多くの企業がダイレクトリクルーティングに取り組み、能動的にスカウトメールを送って採用活動を行っています。
スカウトメールの効率を高めるために担当者が気にしている要素に「送るタイミング」があります。

何曜日の何時に送信するとスカウトメールの返信率が最も高いのでしょうか。今回の記事では、LAPRAS SCOUTを通して送信された約4,500通のスカウトメールを分析した結果から、エンジニアからの返信が期待できる曜日と時間について解説します。

LAPRAS SCOUTのスカウトメールは、直接Gmailなどの個人メールに届けられます。通常のスカウト型の採用サービスを介してスカウトメールを送る場合とは条件が多少異なりますが、候補者がメール(サービスからの通知)をチェックする時間、対応する時間の参考にもなるデータかと考えています。

検証に活用したデータについて

LAPRAS SCOUTを通してエンジニアの候補者に対して送信されたメール約4,500通を分析対象としています。

LAPRAS SCOUTの利用企業の中には候補者に対してTwitterでアプローチする企業もありますが、Twitterでのアプローチはここでは対象外になっています。
また、スカウトメールを大量に送信している企業やスカウトメールの送信数が極端に少ない企業は除外しています。
詳細は記事の最後に記載していますので、気になる方はご覧ください。

曜日ごとのスカウトメール返信率

まず、何曜日にスカウトメールを送信するのが効果的か見ていきましょう。
曜日ごとのスカウトメールの返信率は以下の通りです。

極端な差は見られませんが、月曜と金曜に送信したメールは返信率が20%を超えて高くなっています。週の中日、特に火曜日はやや返信率が下がる傾向にあることがわかりました。


参考までに、送信したメールが開封されているかどうかの既読率も見ていきましょう。

返信率とは若干の差異がありますが、全体の傾向としては既読率が高い ≒ 返信率が高いと考えていいでしょう。

スカウトメール送信をおすすめする曜日とは

本データを参考にすると、月曜と金曜のスカウトメール送信がおすすめです。
一方で、火曜、木曜のスカウトメール送信はあまりおすすめしません。金曜日と火曜日では返信率に5.3%の違いが出ています。

もちろん、スカウトサービスを活用する場合や候補者の属性によって返信率が高い曜日は異なるかもしれません。しかしながら、あまりこだわりがなく、初めてスカウトメールを送信する場合には月曜、金曜を選択するのが安全策と言えるでしょう。

※LAPRAS SCOUTでは土日祝日のスカウトメール送信は原則行っていないためサンプルがありません。しかしながら、社員が休日に稼働しているような認識を与えるため、候補者に対してあまり良い印象を与えないのではないかと考え、推奨していません。

なぜ週の半ばのスカウトメールは読まれないのか

週の半ばのスカウトメールが読まれない理由ははっきりとわかっていません。
考えられるのは、本業があるエンジニアの中には「平日は忙しいから週の終わりにたまったメールをチェックしよう」という人々が一定数いるのかもしれません。

特にスカウトメールが送られるメールアドレスは会社用のアドレスとは異なる個人メールアドレスです。仕事中に個人メールを確認する機会が少ない、就業後も確認しないことがあるというのは想像に難くありません。

時間ごとのスカウトメール返信率

続いて、スカウトメールの返信率が高い時間について見ていきましょう。
送信した時間ごとのスカウトメールの返信率は下記のグラフの通りです。

※9:00〜9:59までに送信されたスカウトメールはざっくりと「9時」のメールとしてカウントしています。他の時間も同様です。
※14時は極端にサンプル数が少なかったため、参考数値です。

返信率が高いのは13時〜17時ということがグラフから見て取れます。
14時のデータは前述のとおりサンプル数がすくないため、返信率が低く見えているだけかもしれません。

スカウトメール送信をおすすめする時間とは

本データを参考にすると、13時〜17時のスカウトメール返信率は25%を超えており送信タイミングとしておすすめです。
一方で、午前中のスカウトメールの返信率はほぼ20%以下で、早朝になればなるほど返信率が低くなる傾向にあります。

ベストなスカウトメール送信タイミングは何曜日の何時なのか

本データを基にしたベストなスカウトメールの送信タイミングは月曜、金曜の13時〜17時です。月曜13時〜17時のスカウトメール返信率は27.3%、金曜13時〜17時のスカウトメール返信率は27.2%と、ともに高い水準に達しています。

まとめ

あくまでもLAPRAS SCOUTを通して送信されたスカウトメールのみを対象にした調査ですが、返信率が高い曜日は月曜と金曜、返信率が高い時間は13時から17時という結果が得られました。

もしも自社や活用しているスカウトサービスで参考になるデータを持っていないようでしたら、まずは月曜か金曜の13時から17時の送信を試してみると良いでしょう。

参考 サンプルデータについて

送信期間:2016年11月〜2019年7月にLAPRAS SCOUTを経由して送信された4,478通のスカウトメール
除外したサンプル:スカウトメールを送信数が300件以上の企業、スカウトメールの送信数が50件未満の企業

この記事をシェアする
採用担当者様はこちら